丸宗建設株式会社

静岡市で高耐震・自由設計の二世帯注文住宅の住まい。丸宗建設。

ご相談ダイヤル 054-278-2414
丸宗の二世帯住宅
ご希望を導く対話設計で、二世帯分の満足を。 ご希望が多様な二世帯住宅は、自由設計力と、 気軽にコミュニケーションのできる環境づくりが成功のカギを握ります。
LIST01丸宗スタイル 設計士との直接対話で、ご希望をじっくり
親世代と子世代。ライフスタイルや価値観が異なれば、
おのずとご希望・ご要望も多様になります。
それだけに、通常の住まいづくりにも増して、
お客様と工務店がじっくり対話を重ねることが大切。
やがてはお子様は成長し、親世代はご高齢になられる。
そうした時間軸に配慮した設計も欠かせません。
お客様のご希望をじっくりお聞きするのが丸宗スタイル。
ご希望が定まらないときは、趣味嗜好、将来のお考えなど様々な角度から
「ご希望の種」をお聞きし、色々なご提案を投げかけながら、
ご本人も気づかない希望を引き出します。
決まった設計パターンや設計士主導のデザインを当てはめるのではなく、
お客様とキャッチボールを繰り返しながら、
プランを、設計を、ディテールを磨く。
この丹念な直接対話こそ、二世帯住宅の成功の鍵です。



LIST02丸宗スタイル 二世帯住宅の豊富な経験値を余さず発揮
創業以来50年近く。二世帯住宅の自由設計・施工を
幾多と手掛けてきた丸宗建設。
知識や机上の理論のみならず、実際の二世帯住宅の
設計・施工に経験を積み上げてきた……このリアルキャリアこそ、
私たちの強みであり財産です。
経験から培った技術・ノウハウ・アイデア・配慮を
お客様の二世帯住宅づくりに余さず発揮していきます。


LIST03丸宗スタイル 多様な工法で、ご希望や諸条件に柔軟対応
丸宗建設は、以下の建築工法に豊富な経験を積み上げています。

木造在来工法(木造軸組工法)
テクノストラクチャー工法
重量鉄骨工法
2×4工法
RC工法(鉄筋コンクリート造)


同じ二世帯住宅でも、木の家がいい、限られた敷地に効率よく建てたい、
広い空間がほしい、1階を駐車場にしたい、
3階建にしたい……とご希望は様々。
多様な工法が柔軟な対応を可能にします。


LIST04丸宗スタイル 地域の工務店レベルを超えた心強さを
木の家がいい。しかも耐震性をもっと高めたい。
広い空間が欲しい。強さの科学的な裏付けがほしい……
地域密着の工務店でありながら、そうしたご要望にお応えできるのも
丸宗の強み。パナソニックと提携し、先進の木の家をつくる
テクノストラクチャー工法をご用意しています。
丸宗建設+パナソニックのテクノストラクチャー工法とは
家で最も荷重を受ける梁(はり)に、木と鉄を融合させた開発材を使うことで、耐震性を高め、広いリビングや1階をガレージにするなど、
木の家の常識を超えた大空間を実現します。
すべての家を構造計算。
しかも、よりハイレベルな構造計算を、より低コストで行えます。
これにより、設計の自由度がさらに高まり、将来の間取り変更など
可変性のある空間づくりを、科学的な裏付けにもとづいて容易に行えます。
さらに、こんなメリットも
床材やキッチン設備、バスルームをはじめ、照明やスイッチ類に到るまで、パナソニックの採用により、イメージを統一でき、
コーディネートがしやすくなります。
新しいスタイルや価値観、新技術。住宅の世界も日々進化しています。
法規制や国の支援制度も変わります。
そうした情報を、地域の工務店レベルを超えてスピーディーにキャッチ。
お客様の家づくりに反映できるのも、パナソニックとの提携の強みです。






LIST05丸宗スタイル 二世帯住宅の設計ポイント例
たとえば、こんなポイントも大切。
お客様のプランニングにお役立てください。
標準的な考え方は大別すると3タイプ
互いを尊重する「独立型」

玄関・お風呂・キッチンとも分離して互いのスタイルや
プライバシーを尊重しつつ、交流しあえる工夫をします。


つかず離れずの「共用型」

たとえば玄関やお風呂を共用、リビングやキッチンを分離。
独立性を保ちながらも、触れ合いの機会を増やし、
また、子育てや家事に親世帯が協力しやすくします。


一緒に楽しむ「融合型」

基本的にすべてを共用し、大家族ならではの賑やかな触れ合いを楽しみます。
娘さんの親世帯との同居で、よく採用されます。


ゾーニングを明確に

共用ゾーンとプライベートゾーンを明確にすることで、
互いのプライバシーをしっかり守ります。

両世帯の動線に配慮

深夜に帰宅しても親世帯を起こすことがないよう、
親世帯のゾーンを通らずに玄関からリビングへ、
お風呂へと動線を考慮します。


上下階の寝室は同じ位置に

寝起きの時間が異なる二世帯。
リビングや子ども部屋の物音が親世帯の就寝を妨げないよう、
寝室を同じ位置にするのも有効な方法です。

交流のあり方を設計

お孫さんのゾーンへ両世帯から行けるようにしたり、リビングを集まりやすい広さにしたり、互いに協力しやすいように家事コーナーを広くする、といった考え方も検討テーマと言えましょう。