丸宗建設株式会社

静岡市/家の新築・住まいづくりの工務店(注文住宅建築会社)

ご相談ダイヤル 054-278-2414
丸宗のスマートハウス
丸宗の自由設計力+パナソニックの先進機器 =真のスマート(かしこい)ハウスへ エネルギーをかしこくコントロールするとともに、 暮らしの安心・快適のために、設計・デザインをコントロールする。 それが真のスマートハウスと、丸宗は考えます。
スマートハウスとは

直訳すれば「かしこい住宅」。省エネ住宅であることはもちろん、
エネルギーを最適に(かしこく)コントロールする住宅を意味します。

具体的には・・・

エネルギー使用状況や太陽光発電の発電量を見える化し、
住む人が節電をしやすくする。
エアコンなどの使用や太陽光発電の余剰電力利用、
蓄電池への貯電などを、IT技術によって一番効率よくコントロールする。
それらにより、CO2排出も光熱費も削減しながら、
暮らしを快適にする、それがスマートハウスです。


丸宗では、パナソニックの専用機器により、 次のような節電やエネルギーコントロールを実現。
LIST01スマートステップ エネルギー利用状況の見える化で、節電!
太陽光発電量はもちろん、電気使用量、ガスや水の使用量も、
モニターで見える化。
ご家族で、ちょっとしたゲーム感覚で節電意識を
高めることができます。
電気使用量が多い部屋や機器も、ひと目でキャッチ。
ムダを解消することができます。
上記は専用モニターだけでなく、テレビやパソコン、
スマホでも見ることができます。

LIST02スマートステップ 電気の使用を自動コントロール。電気をかしこく使う暮らしへ

上記のモニター搭載機器に対応する、エアコンやIHクッキングヒーター、
エコキュートを導入することで、次のようなコントロールが可能に。

① エアコンを自動的に常時節電運転に。

② スマートフォンをリモコンのように使い、エアコンやIHクッキングヒーター、
エコキュートを遠隔操作。
1階にいながら2階のエアコンを操作することも可能です。

③ 過去の電気使用データを考慮しつつ、太陽光発電で
余った電力を使ってエコキュートを自動で沸き増し。

④ 電気をたくさん使う時間帯に「電力が足りない」と
判断すると、IHクッキングヒーターの使用電力量を調節。



LIST03スマートステップ さらに蓄電池の導入で、電気を自給自足。停電時も安心。
太陽光発電で電気をつくり、蓄電池ユニットで電気を蓄え、
住まいの創エネ・蓄エネ・省エネをかしこくコントロールします。 
太陽光発電の電力を蓄電池にためて使うことで、
電気の自給自足が可能。
停電時でも必要最小限の照明や家電を使うことができます。


さらに、丸宗建設が考えるスマートハウスとは

上記のエネルギーコントロールに加え、
住む人にやさしい配慮を備えている住まい。
それが丸宗の考えるスマートハウス。
たとえば、せっかくエネルギーをコントロールしても、
断熱性が低い家ではロスが多くなります。
動線設計がまずければ家事が効率よく行えず、
先進の住宅機器も非効率に使うことになります。
そもそも、希望にそった住まいでなければ、
どんなに先進機器があっても「スマート」とは言えません。
希望が活きた家、安心な家、しっかり考えられた家であること。
その上でエネルギーをベストコントロールする家が、
スマートハウスではないでしょうか。

丸宗建設は、パナソニックと提携。
手づくりする地域の工務店の味わいを守りながら、
自由設計力を駆使しながら、パナソニックの先進機器や工法を導入し、
真のスマートハウスを提供します。